next up previous
Next: この文書について...

研究会のお知らせ



岡山大学学内研究 COE(侵略的外来種の原産地と侵入地における生態的特性変化 の分析と生物多様性への影響評価)の援助により下記のように研究会を開催いた します。ご来聴を歓迎いたします。


表題
生態系モデルと数学的手法
日時
2011 年 2 月 18 日(土) 13 時から
場所
岡山大学環境理工学部棟 105 教室
プログラム



13:00-13:50 細野雄三(京都産業大学理学部)

ロトカ–ヴォルテラ餌食・捕食者モデルの進行波解再訪

        ー侵入現象の解析ー


14:00:14:50 時田恵一郎(大阪大学サイバーメディアセンター)

種個体数分布の理論:ランダム群集モデルと中立モデル


14:50-15:10 休憩


15:10-16:00 宮崎倫子(静岡大学工学部)

強制系方程式に対するDelayed feedback制御法について


16:10-16:50 梶原 毅(岡山大学環境学研究科)

Lyapunov関数, Lyapunov汎関数の構成


17:00-17:20 秋山知彦(岡山大学環境学研究科)

季節性インフルエンザ流行の数理モデル:

ー長期と短期スケールでの流行の動態の比較ー


17:20-17:50 佐々木 徹(岡山大学環境学研究科)

Lyapunovの手法についての考察



世話人 岡山大学環境学研究科 梶原 毅、佐々木徹





kajiwara 2012-02-03