next up previous
次へ: この文書について...

研究会のお知らせ



岡山大学学内教育 COE(MathESD による異分野協働型人材養成)の援助に より下記のように研究会を開催いたします。ご来聴を歓迎いたします。


表題
数理と生態学との融合に向けて -MathESD の実践-
日時
2011 年 2 月 12 日(土) 13 時から
場所
岡山大学環境理工学部 105 教室
プログラム



(特別講演)

13:00-13:50 難波利幸(大阪府立大学理学系研究科)

メタ群集でのギルド内捕食系の存続について


14:00:14:30 梶原 毅(岡山大学環境学研究科)

遅れのある微分方程式のリアプノフ汎関数の構成


14:30-15:00 休憩


(特別講演)

15:00-15:50 山内 淳(京都大学生態学研究所)

性比の進化に関する2つの話題:近交弱勢と局所的配偶競争、共生体の性比操作と父性伝搬


16:00-16:20 岡棟俊明(岡山大学環境学研究科)

HIV の変異による免疫系破綻の数理モデル


16:20-16:40 吉野友規(岡山大学環境学研究科)

ネットワーク感染症モデルによる最適ワクチン接種政策の研究 16:40-17:00 秋山知彦(岡山大学環境学研究科)

感染症流行における抗体保持者の効果


17:10-17:40 佐々木 徹(岡山大学環境学研究科)

重複感染モデルの構造



世話人 岡山大学環境学研究科 梶原 毅、佐々木徹





Kajiwara 平成23年1月9日