研究(作用素環)


研究テーマ


所属学会等


論文・発表

論文
発表
  • 分岐点を持つ力学系から作られるC*-環のコア, 作用素論作用素環論研究集会, 2012 年 9 月 23 日から 25 日, 大阪市天王寺区大阪教育大学
  • 複素力学系に付随したC*-環, 数理解析研究所共同研究 "複素力学系とその関連分野の総合的研究", 2009年12月14日から18日
  • Countable bases for Hilbert C*-modules and classification of KMS states,} Operator Structure and Dynamical Syste, Lorentz Center, Leiden University, 21-25 Jul., 2008
  • Algebraic correspondence から作られる C*-環, 作用素論・作 用素環論研究集会、2007 年 11 月 9 日( 11 月 7 日から 9日) 千葉大学
  • 力学系の分岐点と C*-環の KMS state、数理解析研究所共同研究 集会 2006 年6月28日 京都大学数理解析研究所
  • 複素力学系と C*-環、 数理解析研究所共同研究集会、複素力学系と その周辺、2006 年10月4日 京都大学数理解析研究所
  • KMS states on C*-algebras associated with self similar sets and complex dynamical systems, with 綿谷 安男、 作用素環論とその周辺 京都府数理解析研究所研究集会 (2004)8月30日ー9月1日 京都府 京都大学数理解析研究所
  • 複素力学系のつくるC*-環と自己相似集合のつくるC*-環, with 綿谷 安男 作用素論・作用素環論研究集会 (2003)11月18日 愛知県設楽郡 愛知県民の森研修センター
  • 複素力学系から作られる C${}^*$ 環の純無限性, with 綿谷 安男 数理解析研究所短期共同研究 (2003)1月28日
  • 複素力学系が生成する C*-環 ー 多項式の場合, 数理解析研究所共 同研究集会 作用素環とその応用 (2001)9月13日 京都府 京都大学数理解析研究所
  • ヒルベルト双加群と付随する C*-環 : 理論と応用, 日本数学会秋期総合分 科会特別講演 (1999) Sept. 特別講演
  • ヒルベルト C*-双加群について II, 数理解析研究所短期共同研究(1999) Jan.
  • C*-algebras generated by Hilbert C*-bimodules, C*-algebras and its applications, (1998) Jan. 山中湖
  • ヒルベルト双加群と付随する C*-環, 数理解析研究所共同研究集会 (1997) May.
  • Hilbert C*-bimodule から作られる C*-環, 数理解析研究所短期共同研究 (1997) Mar.
  • Hilbert C*-bimodule について, 作用素論および作用素環研究集会 (1995) Nov. 札幌
  • C*-環の Jones 指数理論について, 作用素論および作用素環研究集会 (1994) Nov. 山中湖
    戻る